事業概要/サービスメニュー

リサイクルインクについて

リサイクルインクを使うことが環境保全、社会貢献に繋がります
私たちが行っているリサイクルインク事業についてQ&A方式で紹介します。

Q
リサイクルインクとは?
A
使用済みのカートリッジを回収し、リサイクル工場で分別・分解・清浄・検査・再装填して商品化したものです。純正品ではありませんが、国内の工場で丁寧にリサイクルされています。
Q
リサイクルトナーやインクを使うとどんな環境保全につながるの?
A
ごみが減るため、CO2削減に繋がります。たとえば、リサイクルトナーカートリッジ1本で約2181gのCO2削減ができると見込まれます。リサイクルインク大判サイズのカートリッジだと1本で約502g、リサイクルインク小判サイズのカートリッジだと1本で約22gのCO2削減となります(いずれも当社提携先工場計算)。木の種類やサイズによって異なりますが、樹高約15mの杉の場合、1本あたり1年間で約8.8㎏のCO2を吸収すると言われています。つまり、トナーカートリッジなら4本、インク大判サイズは18本、インク小判サイズは400本をリサイクル品に切り替えると杉の木1本分のCO2削減ができるというわけです。
Q
品質は?
A
私たちが扱っているリサイクルインクは、品質、安全性ともに問題のないメーカーのものばかり。歴史と実績のある国内工場で製造されたものなど、その品質は自信を持って保証します(一部海外製品もありますが、品質は問題ありません)。かつてはリサイクル品=粗悪品と思われていましたが、技術が進み、インクの成分、印刷の質、プリンターへの影響といった問題はすべてクリア。中には、粗悪品をリサイクル品として販売しているところも一部あるようですが、私たちは品質の良いものだけを選び、皆さまにご提供しています。
Q
コストは?
A
リサイクル品は高いと思い込んでいる方がまだ一部いらっしゃるようですが、純正品と比べると20~50%のコストダウンが可能です。品質も良く、コストダウンでき、さらにごみも減らすことができます。
Q
MJで扱っているリサイクルインクは?
A
以下の3ブランドのインクを取り扱っています。どれも品質には問題ありません。
リサイクルインク(リジェット)
環境に優しいリサイクルインク。日本国内の工場にて、使用済みインクカートリッジの回収→分解→洗浄→部品検査→組み立て→トナー・インク装填→出荷前印字検査→個装・梱包→出荷の工程を経て、お客さまにお届けさせていただいている高品質リサイクルインクです。
リサイクルインク(エコリカ)
日本国内でトップシェアを誇る、環境に配慮したリサイクルインク。第20回グリーン購入大賞で大賞を受賞した商品。ラインナップも充実しており、純正品インクと同等の印刷枚数を保証。学校・市役所・警察署・自衛隊・病院での採用も増加中。リジェットで対応していない機種はエコリカで手配いたします。
Q
MJでリサイクルインクを購入するメリットは?
A
コストダウンはもちろんですが、使用済みカートリッジを回収させていただくので、お客さまが手間をかけずとも日常的にリサイクル活動に参加していただける点にあります。こちらで用意した封筒とビニール袋に使用済みインクを入れ、ポストへ投函(切手不要)するだけです。また、ご購入金額のうち、一部をNPO法人日本ホスピタル・クラウン協会、NPO法人MAKE HAPPYへ寄付させていただいています。私たちのサービスをご利用いただくだけで、環境保全、社会貢献におのずと参加していただいていることになります。
株式会社エム・ジェー | リサイクルインクのMJ
タイトルとURLをコピーしました